感想文♪パート9

onetwo 難しかったけど、メディア論について、橋下劇場は、大阪人(関西人?)の心を研究しての作戦なのだと、良く分かりました。私達は、理性的にできることを地道にやっていくしかやっぱりないねんな~と思いましたcoldsweats01

onethree 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート8

oneone 80年代のアイドル達がテレビによって作られたというのは良く聞く話ですが、江弘毅さんの話を聞くまでは、マスコミに受ける人が政治家になった、それが橋下徹さんだと思っていました。しかし一方で、橋下徹さんは時にマスコミを強烈に批判し、完膚なきまでにたたきつぶすので、マスコミ受けがいいのとはちょっと違うなとも思っていました。 江弘毅さんの話を聞いて、関西特有の「まいど」「おいど」という意味の無い会話のキャッチボールが出来る人、市民に受けるようなキャッチーなフレーズだけで会話のキャッチボールが出来る人、仮想の敵を作ってそれをやり込めることで市民の気分感情をすっきりさせることが出来る人、そういう人がいい人に思えてくることをうまく利用したのが橋下徹さんなんだと、ふんわり思っていたことが、明確なものになりました。 ただ、橋下徹さんを自分の意見の代弁者だと思っている人に、彼がまがい物だと気付かせることは、メディアを利用できない市民には、ものすごく大変なことだということも明確になりました。 が、いかんせん、どうしたらいいのかはまだわかりません。 そこで、江弘毅さんが勧めていたのは、双方向でコミュニケーションがとれるツイッターでしたが、私も早速、菅野完さんをフォローして、世の中の情報に敏感になる準備だけは出来ました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート7

onezero 九条の会・はんなんの「メディアがなぜあぶなくなったのか」(江弘毅さん)の講演会に参加して参りました

この頃メディアのかたくなさ、自由のなさとともに偏向報道じゃないかと思う番組にぶちあたって、チャンネルを変えてみることが多い。バラエティー番組なんて見てみると、必ずと言っていいほど北朝鮮ミサイル関係報告から始まって、イライラさせる。もっと知りたいことあるのに〜 で、今回、江さんは「最も危険な政治家・橋下徹」を産み出したメディアの変遷やら問題点やらを岸和田なまりでおもしろく話してくれました(^-^) 視聴率主義のなかで、橋下人気のときには、バンバン登場させる。大言壮語、扇動、恫喝ありの彼に対して、番組は、「その場の空気」づくりに集中した。橋下の「なんとしても変えます。潰します」に、ほかのタレントの「うん、それで景気もようなる」のコメント転がしがされているんだと言います。デマ報道、ヘイト書き込みが増える。こういうなかで真実をどう伝えていくか、デマ1に対して真実しらせる労力は、その15倍はかかるそうです。しかし、デマを野放しにしとったらあかんのですよね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート6

eight 接続のコミュニケーションに偏ってしまったテレビとそれを政治に持ち込んだ?(テレビで取り上げられた?)ということ、勉強になりましたpencil最近思っていたこと(テレビに中身がないなぁ)とぴったりでした。

nine メタメッセージ等は、最近のスタンディング(署名活動)等に、参考になりましたsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート5

seven メディアの力は、とっても大きく、日々、その影響力に国民が飲み込まれていくんじゃないかという危機感を感じます。今日の話で、その危険性の本質に触れてもらい、よく理解出来ました。デマを払拭するのは真実を広める15億もの力がいること・・・努力が大切だなと思いましたsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート4

four 江さんの続編を期待しますsign03

five あ~そうだったのかと、テレビ見たり、バラエティを見たりして、イラッとしていた原因がよくわかりました。

six テレビなどを、少し違った見方、受け止め方をできるようになるかと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート3

one アナログtelephoneでゆっくり生きていこうと思ったのに、とうとうインターネットpcをしなければならないのか・・・しんどいな~sad

two 江さんの話しは、すごく難しい内容をわかるように話してくれた。コニュニケーションを重ねることの難しさを必死で話され、大事さ感じる。

three メディア(特にテレビやインターネット)と政治のつながりが良く分かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート2

zero 江さんのお話しはおもしろかったですhappy01メディアの裏側の話をもっとききたいなぁと思いましたhappy029条に対する考え方なども、江さんはどう思っているのか聞いてみたかったですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート1

岸和田出身の著述者 江 弘毅さんに講演頂いた「九条の会・はんなん 13周年記念講演会」には、たくさんの方が来場してくれて、大成功しましたsign03

私は、江さんの本を購入して、サインをもらいましたhappy02

江さんの講演を聞いて、現在のゆがんだメディアの仕組みを知り、とっても悲しく、残念に感じweep また、今後の世の中の変化について、本当に「メディアがあぶない」とテーマどおり、恐ろしくなりましたsweat02

それは、これまでの送り手(テレビ:公的な責任を持つ存在)と受け手(視聴者:私的に解釈する存在)の関係を崩し、(公的な責任などなくっている)送り手の一方通行でいいメディアが作られているということwobbly

テレビに出る人が、自分の意見を言いっ放し、相手の意見は聞く必要はなし、その意見が間違っていても、内容がどうであれ、一方通行でいい、視聴率さえとれれば、メディアはそれでいいpout

特に、政治のことを知っているわけでもない出演者達が、好きなことを言って、(偏った意見だったとしても)、視聴率をとれれば、メディアはそれでいいpout

視聴者に、どう考えてもらうかなんて、全く考えているはずもなく、視聴率だけが大事angry メディアはそれでいいpout

今まで、世間の人が、「テレビでは、政治家は、正しいことしか言わない」と、植え付けられた中、その政治家が、テレビで正しくない発言をしても、メディアは、それを検証、批判もしないで、視聴率をとれれば、それでいいpout

私の感想で、「メディアがあぶない」ということがイメージしてもらえたでしょうかcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想文♪パート9

林先生のお話の中で、私の印象に残ったものをいくつか上げてみますと、

①中国から帰った兵隊から、日本兵が中国でいかにひどいことをしたか

②配属将校から、ノモンハンは負け戦であると教えられたことで、こんな戦争は止めなければならない、戦争に反対しなければと思い、そのためにマルクスを必死で勉強された事

③その当時、マルクス研究が盛んで、阪大生等は、戦争が終わった時、マルクスの事を知らんかったと仰られてたこと

④昭和14年大阪商大の予科に入った前年には古本屋からマルクス主義の本がかっさらっていかれたため、授業中にせっせと本を写し取った事

⑤ドイツ等では、日本の治安維持法のような悪法による犠牲者に対し、政府が謝罪し、賠償金を支払っているが、日本はやっていないどころか、戦後も残そうとしたいう事実

などです。治安維持法で逮捕・投獄されていた時のお話しも70年以上も前の話とは思えないぐらい、臨場感がありました。

治安維持法が制定されたのは、1925年ですが、1920年代の日本は第1次世界大戦後の不況期であり、社会主義ソ連が成立し、国民の民主化を求める声の増大の中で、政府はこの年に普通選挙法と抱き合わせで、天皇制と私有財産制を守り、社会主義・共産主義の思想が国民の間に広がらないよう、思想統制を強める必要があったため治安維持法が必要だったと思われます。では、今なぜ「共謀罪」が出来たのでしょうか?私はやはり歴史から学ぶ必要を感じます。今の日本経済はもはや1960年代の高度経済成長の時代とは違い、戦争経済につき進まないと持たなくなっているのでないでしょうか?そのためには、反戦・平和の思考が国民の間に浸透していくことを抑える必要があります。「共謀罪」と聞いて私が真っ先に思うのは、沖縄の辺野古のキャンプシュワブ前で座り込みをしている人々です。そのような運動をしている人々の行動を抑え込むことに対して必要で、「テロ」を封じ込めるためではないという事です。私は林先生のお話をお聞きして、世の中の事を経済を軸にして見ていく必要性を、改めて強く感じました。我々にとって最も大事な、内心の自由や思想信条の自由を成約されないためにも、監視社会が広まり、隣りにいる人を信じられなくなる社会が来ないよう、諦めずに頑張っていかなければと思いました。林先生のようにマルクスを研究しただけで投獄されるような時代が繰り返されないためにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧