« 九条の会・くまとりパートⅡ | トップページ | 日本の青空 パートⅡ »

日本の青空 パートⅠ

こんにちは!さて皆さんは、「日本の青空」という映画をご存じでしょうか?日本国憲法の誕生についてをドラマ化したものです。一部の人が、「アメリカに作られた憲法」と言われている日本国憲法、でも本当は、日本の民間人による「憲法研究会」が作成した憲法草案が、GHQ案の手本になっていたという事実がありました。この映画を観れば、日本国憲法誕生の真実がわかり、「アメリカに作られた憲法だから、改正が必要!」という人達の本当の目的が、はっきりとするのではないでしょうか?

Ivy 憲法九条を守ろうと運動している私達が、この映画を観て、憲法誕生の真実を知らない人たちに、真実を広め、また、この映画をたくさんの人に、観てもらうことが、現憲法守るために、必要だと思います。そこで、「日本の青空」のホームページがありますので、一度ご覧下さい。http://www.cinema-indies.co.jp/aozora/

|

« 九条の会・くまとりパートⅡ | トップページ | 日本の青空 パートⅡ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の青空 パートⅠ:

» 日本国憲法の誕生    [試稿錯誤]
                                 日本国憲法は昭和21年(1946年)11月3日に公布され、昭和22年(1947年)5月3日に施行された。公布の翌年、施行から3ヶ月後の8月2日、文部省は中学1年用の社会科の教科書『あたらしい憲法のはなし』を発行した。 http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E6%86%B2%E6%B3%95%E3... [続きを読む]

受信: 2007年6月16日 (土) 11時06分

« 九条の会・くまとりパートⅡ | トップページ | 日本の青空 パートⅡ »